WordPressで「更新に失敗しました」と出て投稿や保存ができないときの解決方法

2021年11月9日WordPress

ロリポップのWAF設定を無効にする

記事の投稿や下書き保存などをすると「更新に失敗しました。返答が正しいJSONレスポンスではありません。」と表示されて何もできずに困っていました。

レンタルサーバーはロリポップでブロックエディタ「Gutenberg」を利用し、WordPressのサイトアドレスを変更したら発生しました。

ようやく解決したのでその方法をご紹介します。




対処方法:ロリポップのWAF設定を無効にする

ロリポップへログインをしたら「セキュリティ」→「WAF設定」へ進んで該当ドメインの「無効にする」をクリックしてください。(セキュリティ上の問題は自己責任でお願いします)

ロリポップのWAF設定
ロリポップのWAF設定を無効にする

表示はすぐに無効に切り替わりますが、説明に書かれているとおり反映まで5~10分ほどかかります。

ただし、私の場合は10分経っても問題解決しなかったため数時間放置(忘れていた)したあとに記事を下書き保存してみたら問題なく保存できました。
もちろん記事の投稿もできました。

WAF設定を無効にするとセキュリティ上の問題があるそうで、.htaccessへ対策を記述する方法も見つけたのですがこれでは効果がありませんでした。

ロリポップ以外の方は、他のレンタルサーバーでもWAF設定がある場合があるそうなので、レンタルサーバーに関係なく一度確認をしてみてください。




WordPress